東京グリーンサービス事業協同組合(TGS)とは

東京グリーンサービス事業協同組合は、園芸装飾、貸植木等の屋内緑化装飾業を主として営む者を組合員として構成されています。組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同奉業を行い、各園・社の経営活動を促進して経済的地位の向上を図ります。

その他、組合の目的に賛同するものは個人会員、賛助会員になる事が出来ます。観賞用植物による室内及び室外の装飾についての技術の向上、屋内緑化装飾業のデザインの向上を図り、さらに都市の生活環境に憩いと潤いを与え、屋内緑化装飾業の健全な発展に寄与することを目的とします。

組合概要

組合名 東京グリーンサービス事業協同組合
所在地 〒174-0046
東京都板橋区蓮根2-28-21
ワイティーコート104号室
電話 03-5918-7104
FAX 03-5918-7106
メールアドレス tgs_keida@zb.wakwak.com
代表理事 株式会社 ニュー東花園 倉持真佐夫
団体員数 31社
設立 1969年10月

当組合は昭和44年10月に事業協同組合として法人化設立した東京で貸し植木業を生業とする業者の団体です。
前身の任意組合は昭和16年東京貸植木業組合、改名昭和38年東京グリーンサービス協会を経て現在東京グリーンサービス事業協同組合の発足に至りました。
当組合は組合員の相互扶助の精神を前提に共同事業を通じて組合員の経済環境向上を図ることを目的として発足しました。現在では組合員数31社、内13社が理事として組合運営、事業に携わっています。

事業内容としては組合員の為の観葉植物の共同購入や共同販売、各種斡旋事業、教育および情報提供、福利厚生事業を行っています。また室内緑化のメリットや重要性、必要性をアピールし理解をしていただくための普及啓発にも取り組んでいます。

今後はより一層の事業拡大を目標としながら相互扶助精神を前提とし組合員の経済環境向上に邁進していく予定です。

アクセスマップ